邦秋の、ギャラリー「個と場」

宮崎在住の邦秋による言葉のギャラリー。自作詩・自作詞(歌詞)を中心に、その他、アイデアや雑感、気づきの備忘録。関心事:デザイン・教育・音楽・Eテレ・効率化・唐揚げ・kintone他

B'z

20190731 私の今の年齢の頃、あのアーティストは

現在30代中盤の小生。 ふと、自分が今でも好きな(年上の)アーティストたちは、自分の年齢の頃にどんな曲を書いていたのかが気になって調べてみました。 清春(SADS) [Single] Masquerade [Album] 13 2002年にTOUR GOOD-BYE 2002!! "BEAUTIFUL DAYS"と銘打った…

20190710 B'zのアルバム 「NEW LOVE」感想(今更ながら)

先日、B'zのアルバム「NEW LOVE」について語られているブログ記事を拝見し、私も触発されてこのアルバムを聴いて感じていたことを記してみたいと思います。 ohji-island.hatenablog.com このアルバムを一言で表すならば、「30周年を超え、成熟と、さらなる進…

20190613 『愛のprisoner』を描き続ける作詞家・稲葉浩志

B'z LIVE-GYM 2019 Whole Lotta NEW LOVE鹿児島公演参戦の余韻を引きずっている私。 そんな中、作詞家・稲葉浩志について、以前からぼんやりと考えていたことを書き起こしてみようかと思います。 稲葉さんの歌詞を並べてみると、ところどころに同じテーマや…

20190608 B'z LIVE-GYM Whole Lotta NEW LOVE 初日公演(鹿児島アリーナ)速報

※この記事はネタバレを含んでおりますので、見たくない方は本ページから離脱されてください。 30周年の節目を超え、サポートメンバーも一新して臨んだツアーの初日。そして、B'zにとって令和初のライブでもあります。 そんな貴重な公演に、運よく当選し、…

20190422 「からだ☆ダンダン」とB'z「FIREBALL」の共通点

またまた、「おかあさんといっしょ」(通称:おかいつ)の体操ソング、「からだ☆ダンダン」についての発見に関する備忘録的な共有です。 なぜこんなに「からだ☆ダンダン」について細切れに色んなことを考えるのかというと、日常生活において子供に対して歌う…